私の投資法は私の投資法であり、他の誰のものでもありません

私の投資法は私の投資法であり、他の誰のものでもありません。ですから、私の投資法を私が使うときというのは私がその投資で利益を出すことだできると確信したときだけです。
多くの投資本ではそれが筆者の投資法であり、読者の投資法ではないのです。もちろん、筆者の投資法が科学的なものであればそれは筆者の投資法であると同時に普遍性のある投資法です。
しかし、多くの投資法というのはどこまでいっても科学的なものでなく、所詮はたまたまうまくいっただけの投資方法に過ぎないのです。
このようなことを理解しないで投資本に書かれている投資方法をそのまま相場で使おうとすると往々にして失敗してしまいます。
しかし、投資初心者はこのような一番大事なことを知りません。投資の中級者以上は投資とは何かという本質的な部分を理解しているので個人的な投資本を読んでもそれから何かを学び取ることができます。
なぜなら、彼らは日々マーケットと対話から多くのことを学びとっているらです。http://www.fndg.co/acom/acom-hensai.html