突然の悲劇、それは突然やってきて我が家が地獄絵図

小さい子供がいるので毎年冬を迎えると「楽しいクリスマス♪」よりもインフルエンザや胃腸炎の心配ばかりしています。
夢と現実のギャップ・・・
色んなイベントにも連れて行ってあげたいけど子供の集まるところ=菌の塊に見えてしまって。
インフルエンザの予防接種に連れて行きたいけど幼稚園からもらった風邪で鼻水たらたら。ずっと薬を飲んでいるので
なかなかいけません。
そんな中、いきなり夜中にベッドで嘔吐・・・ぎゃー
本人もびっくりして泣いてるしパジャマもシーツも汚れてるのに抱っこしてーと抱き着かれてわたしまでアウト。
色々片付けて夜中まで洗濯して次の日の朝、塩素系漂白剤でせっせとトイレなど消毒してとやってたのに今度は下の子が
いきなり嘔吐・・・
やっぱり同じ家に暮らしてたらなるよねー泣

ベッドの枕の位置にバスタオル敷いて、いつ吐いてもいいように洗面器に新聞を敷いたものをスタンバイしておいたけど。
結局全然違うところで吐いちゃうし。
まさに地獄絵図!
こうなったら意地でもインフルエンザの予防接種行くぞ!プレミアムウォーター解約手数料

瀬戸路をドライブして造船所で建造中の貨物船を見ていると船の将来の航海などに興味がわいてきます

朝からの陽気に誘われて瀬戸路の海沿いのドライブに出掛けました。
窓を開けて走ってもいいくらいの気温で、風と磯のかおりがやさしく感じられました。
また、山側を見ると山腹に何本もの山桜が満開となっていました。
近くの公園にあるソメイヨシノはまだ蕾の状態ですが、3月の下旬までには満開となることでしょう。
数十分ほど海沿いを走っていると、目の前に大きな造船所が現れて、丁度大型の貨物船が3杯ほど建造中でした。
多分船の総トン数は2〜3万トンクラスと思われますが、それにしても見るからに巨大な船です。
また、造船所の沖合に目を向けますと、最近この造船所で建造され、進水式を終えたばかりと思える貨物船が停泊していました。
これらの船を見ると、全て同じ形をしているように見えますので、同じ海運会社から注文を受けた船と思われます。
造船所には巨大な走行クレーンが何台もあり忙しそうに、船の骨格となる船体のブロックを移動させていました。
私は昔は船の設計に携わった経験から、これらの船の設計から完成するまでの行程の大変さが今になっても思い出されます。
今日造船所で組み立てられていく貨物船を見ていると、この船たちが完成後どのような航路をどのような貨物を積んで航海するのか、とても興味がわいてきます。

チョコレートが持つ栄養も物語も、意外と知らないもので。

何気なく見ていたテレビ番組で聞いた情報なんですけど、チョコレートって発酵食品なんですってね。
これってどれくらいの人が知っているんでしょうか。私は完全に初耳でした。
発酵食品って言われるとチーズや味噌や納豆はお馴染みですけど、チョコレートは全くのイメージ外でしたね。
おまけにチョコレートにはエピカテキンと言うさまざまな健康効果が期待出来る成分が多く含まれているらしいです。
意外だと思いました。甘くて美味しくて子供も大好きなチョコレートですが、健康とはどちらかと言うと縁がなさそうだと思っていたので。
もう一つ驚いたのがチョコレートは元々は飲み物で、私たちがよく知る食べるチョコが考案されたのは1800年代になってから。
ちなみに、人類が初めてチョコレートを発明したのは紀元前にまで遡ると言われているみたいですよ。
それを考えるとチョコが食べられるようになったのは結構最近のことのような気がしますね。
今では当たり前のように多くのお店の棚に並んでいるチョコ。意外にも、まだまだ知らない部分がたくさんあるのかもしれませんね。ミュゼ ログイン