自転車通勤は辛そうに見えるけど、それほどでもない

私は毎日の通勤で、家から電車の駅までの間を自転車で通っています。
時間にすれば20分くらいの距離なのですが、職場の同僚からは「よく寒いのに頑張るね」と言われたりすることがあります。
確かに、最近の寒さは正直身に堪えるのですが、実際のところ、あまり自転車で通勤することを苦痛に感じたりしているわけではありません。
もちろん首元を温めるネックウォーマーや、手や指がかじかんでしまわないようにするグローブは必須のアイテムです。
しかし、それ以外は、それほど防寒しなくてもなんとかなっているというのが実情だったりします。
というのも、クロスバイクやロードレーサーに乗る人の場合、おばあちゃんがお買い物にいくみたいにのんびりと自転車を漕ぐ人はいないでしょう。
たとえ朝いちばんで空気はしっかりと冷えていたとしても、5分も走っていれば自然と体が温まるものなのです。
出だしこそ少し寒さで気は重たいのですが、晴れて風のない日なんかは、駅に着くまでにうっすらと汗をかくようなこともあります。
一見、風を正面から受けて寒そうに見えるかもしれないが、実際に乗っているとそれほど寒いわけではないのです。http://www.abateofutah.org/