篩いに掛けられた末日の不穏なアイコンタクト

 本気で独り立ちに対する情熱を持て。
 想いで、わたくしは己を奮い立たせるように言い聞かせた。
「入門希望者は……お、全て男ですね」
 マミー子どもはいつしか忽然と姿を消していた。去るヒトは追わないを仕事場で出向くN・Mの陳述に反応するように、希望者らは互い顔つきを見合わせる。
(なぞ僕、アイツにまぶたぇ置きられてるくさいけど)
 わたくしはN・Tの促す側にまぶたをやると、S・Kが一直線にN・Tを睨み付けるように見ていた。S・Kは俺よりひと回り寸法の素晴らしいN・Tを警戒しているようにも思える。
(お前にビビってるんだよ。それはスリルの裏返しだから、絡まれても絶対に秘訣は醸し出すなよ)
(分かってるよ。既にそういうご時世じゃないから)
 本人はそう言うが、N・Tが喧嘩っ早いのは今も貫く。私の脳裏に一抹の恐怖が通り抜ける。
「基本的に男は農作業に従事して買うことになります。日にちは設けません。自分が果たしてやりたい取引を見つけた時折遠慮なくわたくしに申し出て下さい」
 その後もN・Mは会心時間を掛けて、サイトにも書かれていた道場のパターンについて詳細に説明していた。