農業の保護と自由化や食料安全保障などのこと

農業の自由化などについて勉強しました。現在、日本の農業は自由化に向けて大きな転機をむかえています。農業政策のあり方をめぐっては、基本的に二つの考え方が存在します。一つは、比較生産費説の立場に立って農業も自由化すべきだとする考え方です。いうまでもなく日本は、自由貿易の恩恵を世界で一番享受している国の一つです。したがって、農業も貿易自由化の例外ではあり得ないとも考えられます。この立場に立てば、農産物の貿易の自由化によって価格が低下し、消費者は利益を得ることができます。そのうえ、競争によって農村の活力を引き出すことが可能となるかもしれません。しかし、その一方で自由化に反対し国内の農業を保護すべきだとする考え方も存在します。その理由としては、食料の安定的確保の観点(食料安全保障)、洪水防止などの農業の多面的な役割の重視、農薬やバイオテクノロジー技術の応用による遺伝子組み換え食品に対する安全性の確保などがあげられます。このことをもっと詳しく勉強したいなと思いました。キレイモ 回数制